昨夜の水曜ノンフィクションは、若者達の現実

ここでは、「昨夜の水曜ノンフィクションは、若者達の現実」 に関する記事を紹介しています。
私はもう「若者」という年齢ではありませんが、内部障害に理解がなかった世代だったことや「の運転=就職はもちろん」の地域に住んでいたことに加えてちょうど短大を出た年にバブルが崩壊したので、以降ずっと就職活動と雇用保険対象ぎりぎりの断続的にしか仕事が来ない3K派遣業務の繰り返しを続けた結果体調を崩してしまっても何も保障がないまま不安な毎日を過ごすだけなのでかなり切実な思いで見ました

司会の関口宏さんはちょうど学生運動世代だったけれど、いわゆる「ノンポリ学生(傍観者の立場)」だったとか
多分親が有名人(映画スターの佐野周二さん)なので、立場上旗色鮮明にしたり目立った行動は出来なかったのではないかと思います
コメンテーターに姜尚中さんがいたことは、興味深かったです
で生まれ育ちながらも、日本人としては扱われないしで生きる訳にも行かない」ことが、フラットな観点で社会を見る人間性を形成したのでしょうか
国籍も民族も日本人でも全く自分を意識していない人より、はるかに日本人らしいと感じてしまうのは多分私だけかも

ニッポン・サバイバル―不確かな時代を生き抜く10のヒント (集英社新書 379B)
ニッポン・サバイバル―不確かな時代を生き抜く10のヒント (集英社新書 379B)姜 尚中

おすすめ平均
stars物事の本質を見通せる人
starsリアルな体験に基づく考えるヒント
stars人生訓として
stars「まとも」に生き残るとは?
stars少し救われた気持ちになりました

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


生きさせろ! 難民化する若者たち
生きさせろ! 難民化する若者たち雨宮 処凛

おすすめ平均
stars余計な一文で全てを台無しにしてしまった悲しい「意欲作」
stars今昔物語
starsあまりにも不勉強
stars日本の労働環境の劣化をいやというほど分からせてくれる
stars不安感を煽り立てられる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメンテーターの一人・雨宮処凛さんの著書。賛否両論が全く二分化されている様子を見ると、それぞれの関係性が解決すべき問題から離れて「雇う側雇われる側になる=お互いの立場や苦悩を客観的視点で共有できない」ことが悪循環を断ち切れない一番の問題点なのではと考えてしまいます

唯一救われた思いになったのは、番組冒頭で流れた学徒出陣の学生達を映した資料フィルム
戦争中の厳しい統制の下でも「なぜこんな先の見えない戦争に、前途があるはずの学生達を送り出さなければいけないのか」という主張を撮影カメラマンが無言のうちに映像に残していたことと、現代の学生達が映像に込められたメッセージを他人事と思わずに正面から「もしも自分が同じ立場だったら」と汲み取ってくれたことでした
不毛地帯〈1〉 (1976年)
不毛地帯〈1〉 (1976年)山崎 豊子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  • 不毛地帯〈2〉 (1976年)

  • 不毛地帯〈3〉 (1978年)

  • 不毛地帯〈4〉 (1978年)

  • 現在の社会を予見したと、改めて驚いてしまう内容。
    「精神的不毛」は改善されるどころか、はるかに進んでいますが登場人物達の陰影や業の深さを現代の日本人が映像化するのは難しいのではとも考えてしまいます
    「白い巨塔」のように、やはり格差社会というより階級社会という雰囲気の辺りでリメイクされるのでしょうか
    万が一ドラマ化したら、それはかなり興味深いことですが

    日本が100人の村だったら―今の日本/昔の日本
    日本が100人の村だったら―今の日本/昔の日本水野 かおる


    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

  • 日本村100人の仲間たち―統計データで読み解く日本のホントの姿

  • 世界には1日100円で生き延びている人もいるのに、はるかに豊かなはずので一番エネルギッシュなはずの20~30代の自殺者が増えているというのは、何がどうとはわからなくてもやはり異常なこと

    蟹工船・党生活者 (新潮文庫)の時代に戻っている」と言っていましたが、最近は立ち上がるだけのエネルギーも埋没している分むしろ悪化しているかも

    蟹工船 (まんがで読破)
    蟹工船 (まんがで読破)小林 多喜二

    おすすめ平均
    stars最初の火-多喜二
    stars現代社会にもつうじる
    stars買いですか。
    stars今も昔も、搾取の構造は変わらない!!
    starsマンガから入ってもいいじゃないか

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    世界情勢は政治家や企業・団体だけが動かしている訳ではありません麻生総理も読んでおいて欲しいです

    土屋トカチ監督作品「フツーの仕事がしたい」(エキサイト公式ブログ)
    現代社会ではどのレベルの何が「フツー」というのか見えにくいので、興味がある映画です
    ソフト化とは言いませんが、ネット配信も難しいですかね

    ありきたりな言い方ではありますが、社会をよくするのも悪くするのもまずは1人の力からということですね

    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ人気ブログランキングバナー(記事用・緑)

    ご協力いただけると幸いです










    カスタム検索

    関連記事

    関連タグ : 就職, 雇用保険, 仕事, 派遣業務, 司会, 学生運動, コメンテーター, 世代, 社会, 映画,

    コメント
    この記事へのコメント
    水曜ノンフィクションの後継番組は、ミューズの微笑みとなるそうです。
    2009/01/01(木) 09:35 | URL | 杉田平和町 #OwxSESpQ[ 編集]
    >水曜ノンフィクションの後継番組は、ミューズの微笑み
    情報、ありがとうございますe-466

    これからもお気軽に立ち寄っていただければ幸いですv-398
    2009/01/03(土) 08:27 | URL | 猫型人間 #3qKVsDjE[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://nekogataningen.blog73.fc2.com/tb.php/948-9109c664
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック