アメリカ大統領選挙に、マイケル・ムーア監督はどれだけ影響を与えたか?

ここでは、「アメリカ大統領選挙に、マイケル・ムーア監督はどれだけ影響を与えたか?」 に関する記事を紹介しています。
昨年末から連日のように二大政党の代表者選出のニュースがメディアをにぎわせている大統領選挙。
現職のブッシュ大統領は出馬する権利も失効してしまったので、まだ「大統領選挙に立候補する二つの政党の代表」を選んでいる段階とはいえ今回のテーマ“変革”の通りアメリカ建国以来初の女性大統領がかかっている元ファーストレディー、ヒラリー候補とアフリカ系初のオバマ候補に注目が集まっています
選挙の鍵を握っているのは格差社会が顕著なでもやはり中産階級だそうですが、不動産業界の財政破綻と莫大な医療費に行き詰まって家を手放す人々が増える一方だという中で「建国以来初の女性大統領の席が最も近い人物も、結局は同じ穴のムジナ」と示唆しさしているマイケル・ムーア監督が医療制度の問題を鋭く告発した映画はどれだけの影響力を持っているでしょうか
シッコ シッコ
マイケル・ムーア (2008/04/04)
ギャガ・コミュニケーションズ

この商品の詳細を見る

にほんブログ村 映画ブログへ

ご協力いただけると幸いです
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekogataningen.blog73.fc2.com/tb.php/525-dc3d9e23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック