「英語でしゃべらナイト」新春SPのゲストは、麻生太郎さん

ここでは、「「英語でしゃべらナイト」新春SPのゲストは、麻生太郎さん」 に関する記事を紹介しています。
ゲストは、昨年の自民党総裁(=総理大臣)選抜対決で秋葉原の街頭やネットワールドをおまつり状態にした「ローゼン閣下」の別名を持つ麻生あそう太郎さんでした
昨年出版された現代用語辞典の最新版「現代用語の基礎知識2008 / 現代用語編集部」には麻生さんの別名「ローゼン麻生」がちゃんと掲載されているそうです
麻生さんが立ち読みしていた所をされたという耽美系たんびけい少女マンガ「ローゼンメイデン」
ローゼンメイデン 7 (7) (バーズコミックス)ローゼンメイデン 7 (7) (バーズコミックス)
PEACH-PIT

by G-Tools

リンク先「このアニソン、ステキデス」さんの記事によると甘美かんびさとドス黒さが共存しているそうですが、少年時代から「小説吉田学校〈第1部〉保守本流 (人物文庫) / 戸川 猪佐武」のような場所を身近な位置で見ていた目には、権謀術数渦巻く権力の世界と通じる匂いを感じたのでしょうか
自民党内部では不思議ちゃん扱いされていらしい麻生さんですが、政調会長時代には社会の動きを知る手段として巣鴨のとげ抜き地蔵と秋葉原に通うのが習慣だったとか
国際的にも「3つのJ(Jコミック・Jポップス・Jファッション)」文化の伝道師となっているらしいです
永田町の常識は世間の非常識」と言われる中で、外務大臣時代イラクに派遣した給水車のタンク部分に国際的選手達のバイブル「キャプテン翼 【コミックセット】 / 高橋 陽一」の絵をつけさせた辺り座布団1枚進呈させていただきます
ゴルゴ13フリークでクレー射撃のモントリオールオリンピック代表になったことはあっても、試しに後ろに立ってみたパックンに全く気づかなかったのはご愛嬌
さいとう・たかをセレクション BEST13 of ゴルゴ13 Author’s selectionさいとう・たかをセレクション BEST13 of ゴルゴ13 Author’s selection
さいとう たかを さいとう・プロダクション

by G-Tools

留学中に訪ねて来た大使経験者でもある「ワンマン」吉田茂さんが、バリバリのアメリカンスタイルの英語で話している大学院生の孫・麻生太郎を見て、がくぜん
「耐えがたい」からと急きょから留学先を変更させたというエピソードでしずかちゃんの時のように場の空気が凍りつかなかったのは、子供時代からほとんど顔がぶれていないような育ちのよさから来る余裕があればこそなのでしょうか

閑話休題:文藝春秋の特集記事「昭和の男50人」では白洲しらす次郎さんから直伝された「プロの女性にもてる(&余計なトラブルを起こさない)秘訣ひけつ」を披露していました
そういえば、ちょっと昔ですが目先の出し惜しみが原因でせっかくの総理の地位を失った人もいましたね

にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ人気ブログランキングバナー(記事用・緑)

ご協力いただけると幸いです

関連記事

関連タグ : 麻生太郎, 自民党, 永田町, ゴルゴ13, 吉田茂, 留学, 総理,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekogataningen.blog73.fc2.com/tb.php/513-9a874d15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック