映画「日本の青空」見ました!

ここでは、「映画「日本の青空」見ました!」 に関する記事を紹介しています。
記事が遅くなりましたが、先月の20日(一部地域は昨日)日本国憲法誕生を民間視線から描いた映画「日本の青空」が上映されました

【映画チラシ】日本の青空 大澤豊 高橋和也 藤谷美紀 [映画チラシ]【映画チラシ】日本の青空 大澤豊 高橋和也 藤谷美紀 [映画チラシ]

by G-Tools


メインテーマは、やはり憲法第9条
今でも何かと論争になることが多いグレーゾーンがあるのは、主人公の憲法学者・鈴木安蔵(高橋和也さん)の奥さん(藤谷美紀さん)が“夫が決めたことに逆らえなくなっている自分をずっと感じていた”という言葉と側の委員で戦前のでの生活期間も長かったベアテ・シロタさんが涙ながらに「で生活していた時、周囲の日本女性が“子を生む道具”程度の理不尽な扱いを受けているのを見るのは辛かった女性の権利ははっきり明文化して保障して下さい」と訴えかける様子に由来していたよう

同じ“女性の発言権”でも、表現方法にの国民性の違いを感じました

でも、日本国憲法が誕生してから半世紀以上経っている今でも“国民の代表”のはずの国会議員や某知事さんが「女はを生む機械」だと発言して問題になっているのを見ると、この条文はの言いなりと言われても明文化しておくべきだったのではと、私は思ってしまいます

にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ人気ブログランキングバナー(記事用・緑)

ご協力いただけると幸いです

関連記事

関連タグ : 日本国憲法, 映画, 日本の青空, 高橋和也, 藤谷美紀, 国民性, 半世紀, 国会議員, 発言, 明文化,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekogataningen.blog73.fc2.com/tb.php/435-d5b310a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック