アニメ 制作現場から悲鳴(10/14追記あり)

ここでは、「アニメ 制作現場から悲鳴(10/14追記あり)」 に関する記事を紹介しています。
テレビアニメ草創期に「マンガは自分の生活を支えてくれる奥さん。アニメはお金のかかる愛人」と語ったのは、今は亡きマンガ界の神・手塚治虫さんですが社会が豊かになりアニメ文化が国際的に認知されている現在でも現場待遇はまったく改善されていないようです

アニメ 制作現場から悲鳴 労働環境改善求め協会設立へ(10月13日17時3分配信 毎日新聞)
トヨタの“かんばん方式”コンビニエンスストアのPOSシステムとの繁栄は「必要な物を必要な時に必要なだけをかけずに補給する」が支えて来たようですが(参考資料:下記)

巨大ロボット読本―ロボットは巨大化し、やがて神になる!! 巨大ロボット読本―ロボットは巨大化し、やがて神になる!!
瀬戸 龍哉、山本 敦司 他 (1999/09)
宝島社

この商品の詳細を見る


放送地域「外」だけにアニメ無料配信 携帯で地域特定(10月13日4時18分配信 ITmediaニュース)
配信・ワンセグ放送と新しい視聴方法は日進月歩で発達してはいても、最近はどのアニメを見ても声優以外の製作スタッフの名前に日本人の名前は皆無に等しい状態

以前ドラマ「真実 (バンブームック―韓国ドラマ公式ガイド) / 」のインタビュー記事やFLIX (フリックス) 2006年 07月号 [雑誌] / の記事に紹介されているブログに「いくらヒットしているドラマや映画でも製作現場待遇は全く待遇されていない。プロの役者は、現場が危険過ぎて休憩用の椅子以外の場所から動くこともできない」と読んだことがありますが、アニメ現場もほとんど大差ないようです

FLIX (フリックス) 2006年 07月号に紹介されていた、ベテラン照明技師の女性が書いたハリウッドの現場の裏幕を告発したブログ「Totally Unauthorized」

イスラエル人(ユダヤ民族)が先祖とは人種的に全く違ってしまっていても民族として生き残っているのは宗教や文化を維持し続けているからだそうですが、今のは食糧自給率だけでなく文化の自給率まで自ら低下させるというのは、自分で自分の首を絞めるような行為です

マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画や映画界の「スクリーンクオーター死守運動」までは行かなくても、せめて現場で働いている人達の法廷最低賃金程度は保障できるようになるといいですね



ブログランキング・にほんブログ村へ



パワーブログランキング

ご協力いただけると幸いです
関連記事

関連タグ : マンガ, アニメ, 制作, 現場, 待遇, 改善, 文化, 最低, 賃金, 保障,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekogataningen.blog73.fc2.com/tb.php/342-6ae3f078
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック