日本にも「ワイルド・スワン」は実在します(×_×;)!!!

ここでは、「日本にも「ワイルド・スワン」は実在します(×_×;)!!!」 に関する記事を紹介しています。
※今回の記事は、一人でも多くの方に読んでいただきたいと考え、他2つの特化ブログ「ツイッターまとめ記事」にも記録がされる、ツイッター表アカウントに更新通知がされる目的で当ブログにしました
炎上を防ぐための、コメント・トラックバック封鎖はあらかじめご容赦願います


近現代の激動の社会と制度の歪みの反映に苦悩しながら生き抜いた、三世代の女性の実録「ワイルド・スワン」




  • ワイルド・スワン 上
    icon
  • ワイルド・スワン 中
    icon
  • ワイルド・スワン 下
    icon







  • @prayer_willbe:

    あなたは自分がどれだけ苦しんだと思ってるんだ。どれだけ自分の心を押し殺し、どれだけ不条理な世界に虐げられ、どれだけ眠れぬ夜を過ごしたと思ってるんだ。辛かっただろう。泣きたかっただろう。傷だらけじゃないか。こんなに耐えたあなたが報われないはずなんてないんだ。

    --ついっぷるで共有機能からの、引用です--

    http://twitter.com/prayer_willbe/status/521608320595935232



    自分自身を取り巻き束縛する環境のスケールこそ、比較にならないことは百も承知ですが

    短大入学直後に、両親が末期ガンで相次いで他界

    追い討ちをかけるかのように、精神的負担から生来の強迫神経傾向が悪化



    当時は、今以上に理解どころか知識自体がなかったてんかん発作も、短大合格時に両親を安堵させるほど回復していたはずの症状が
    一周忌の疲れが出始めた頃から、発作が頻発

    新卒時のリクルート活動もバブル崩壊で、ようやく一件だけ獲れていた内定も「てんかん症状をクローズにしていたから」と

    以来20年間を時代に引き続いて自宅との往復の合間に、証明写真を写真館さんの常連になるほど撮影した証明写真を添えた履歴書を折り込みチラシの如く持参しても

    ハローワークに足を運んで、求人票に出ている会社の面接に必要な紹介状申請の段階で

    ほとんどは「通勤条件が悪過ぎるから」と
    ごくたまに紹介状はでも、面接で「マイカー通勤の方は、ご遠慮願います」はまだましな方でした

    現在は、震災発生直前まで通っていた就業支援センターでの集団生活に馴染めないプレッシャーからの心労と、当時の責任者さんに自分では明らかに心身に負担が来ているからと申請した休暇を握りつぶされ続けた挙げ句

    「収入が増えれば生活が楽になるだろうとよかれと思って、フルタイム出勤も達成できるだろうと信じて日程を増やしてやったのに、休む連絡の一つもしようとしなかった」レッテルを貼られて、仕事自体が

    自体は生まれつきだし、仕事の内容や結果もの合間に通勤していたようなをクローズにしていたことを考えれば、まだ諦めもつきますが

    私が、今でも許せないのは
    に悩む私に「身内にがいることを認めたくない」と、できない無理を散々強いたり受けられる公的支援を調べたり申請したりへの妨害を続けた挙げ句、ようやく受けられるようになっても「面倒を見てやったから」と我が物顔

    私が心身共に限界の今でも「通院しやすいに転居したいなら、面倒を見てやった分のを全部精算しろ」と言い立てたり、情緒不安定が原因の自律神経失調で生活リズムが整えられない私をを手配するどころか「よかれと思ってしたのに、抵抗して体当たりしたから怪我した」と被害者面までした自称男尊女卑の、姉の夫

    そんな理不尽な言い分を「私は見ていなかったけれど、お義兄さんが言っていた」を免罪符に、更に私を追い詰めた上に
    父の命日に菩提寺にお墓参りに行った帰路「両親が骨身を削って、私のの治療のためにも守って来た事務所とお客様のためと思っていたから我慢していた」と言った時に「今のお客様は全部私達夫婦が開拓したから、両親は関係ない」の

    両親のためだからを連呼されて、自分が生理も半年止まってしまうような体調になった私に、親の命日のお墓参りの帰り道に散々暴言を吐いて「自分が正しいに決まっている」と断言できる、罪悪感の気配もない人間性の姉と、思い余って相談しても目の前でになっている私に「あなたの仏心で許すべき」としか言わない集団

    立川市にある、真如苑



    在家での和合を尊重する教えと言いながら、交通条件の不利で滅多に足を運べない信者の私が一緒に来て笑顔で元気にご奉仕に励めば、帰路のの中で帰宅するまで「たまにしか来ないあんたの方が誉められる」と
    具合が悪くなって“保健室登校”になれば、心配するより先に「ご奉仕の人達に迷惑をかけた」
    少しでも早く帰宅できた方が、家事や仕事に疲れが残らなくて済むからと優先枠を活用しようとすれば「五体不満足でもないのに」と、一部始終に

    早々、本人同士ではとっくに解決していた行き違いを一方的な悪者扱いで蒸し返された上にから不機嫌な顔をして失礼とまで言われたので、私も流石に「仏の顔も三度まで」「宗教家は尽くし損」と言われても、拝んでいただく仏様や敬われる宗教家でもないのに何故三度どころか三十回以上笑顔で暴言暴力を我慢しないといけないのと言ってはみましたが

    自分の気が済んだ途端に、謝罪の一言半句もなく「身口意の業を犯したくないから仲良く」と、一方的に社会的に圧倒的不利にいる相手を黙らせたりする人のを「平日働いているから」「結婚しているから」と、したくてもできなかった環境を抜け出せなかった悲しみや悔しさを協力の一つもしなかった上に、一切無視して黙らせる

    真如苑とはワイルド・スワンの以上に、地獄の沙汰も物金次第で人間の差別や嫉妬や暴言暴力の肯定を最優先する集団です

    多分、今回の私の「法難」という美辞麗句の元に、昔の私のように「正直者だけバカを見る」
    新しい相手からの底の縫い糸までむしり取る口実に、実名顔などの個人情報丸出しで利用されるのでしょうね

    自称愛国者さんも正義の味方ブリッコ日○粗さんも、傍若無人に道を塞いで建物を囲んでいることに一切言及しないのは、貧者の一灯を標榜しながら壊れたのリサイクル料金も払えない信者のお布施で世界の亀山モデルと最新型とBOSEのスピーカーをどこの建物にも何台も並べていることから察するに、かなりの額の“キックバック”も渡し済みなのでしょう

    私自身はもう、今すぐに姉夫婦や真如苑の報復リンチで殺されたとしても、失う物は何もありませんが

    いくら一時、一生完治しないへの不安からの気の迷いにつけ込まれてしまった、呪縛からとは言え

    三十過ぎてようやく、私を全うな人間として扱ってくれた貴重な人間関係の人達に入信を呼び掛けて、危うく巻き添えにしてしまいそうになったことを、個別にでの謝罪ができなくて本当に申し訳ありませんが心よりお詫びさせて下さい
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://nekogataningen.blog73.fc2.com/tb.php/2220-c58f892c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック