第996回「レッツ・ポジティブ・シンキング!」

ここでは、「第996回「レッツ・ポジティブ・シンキング!」」 に関する記事を紹介しています。
以前無理な恋愛DVD-BOXというドラマを見ていた時、私は最終回記事の冒頭に“人生は、棺のふたを閉めるまでわからないから面白い”としました

こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です!今日のテーマは「レッツ・ポジティブ・シンキング!」です。みなさんは、落ち込んだりすることはありますか?そういう時にこそ、ポジティブに考えてみましょう!たとえば、水谷は、コップにジュースが残り30%くらい残っていたとして「ああ、70%も飲んでしまった・・・∃..
トラックバックテーマ 第996回「レッツ・ポジティブ・シンキング!」



療育手帳2級の障害者で、現在通っている職業訓練所で一緒に働いている70歳になる同僚の方からも「70歳近くなっても、症状を抑えるを飲み続けるようだしの運転は無理」だと言われて、30歳近くなるまでは“の運転ができないと日常生活もギリギリな私の立場ではから「生きているだけで迷惑」だと言われても我慢するしかない”と思い込んでいました

でも、10年ほど前からようやくですが映画やドラマ・アニソンライブ関係で仲良くなったYES・NOがはっきりしている性格の友人達から「社会経験が少ないことが原因の失敗は多いけれど、性格自体には問題はない」と保証されたことで自信がつきました
最近SST(コミュニケーション能力をさせる研修)を受けた時も「話題のレパートリーが豊富なので、会話のキャッチボールが円滑にできるようになれば大勢の人が向こうから歩み寄って来るようになる」と褒められました

手始めの短期目標は周囲の人達との関係を円満かつ健全にすることですが、長期(できれば1年以内)の最終目標はやはり
またはです
実際、幼稚園時代から仲のいい友人ではお医者さんに止められていてもはもちろん、相手のからも「だけがではない」と温かく迎えられて幸せな結婚生活を送っている人もいます

姉に言わせれば「40近くなってなんて手遅れだから、宗教団体の修行に打ち込んで他人様のために尽くす人生を生きるべき」なのだそうですが、短大を卒業してすぐに“プチうつ”にかかってしまいいくら生活費の援助をしてくれているからとはいえ、自分の不摂生で障害者になったわけでもない相手に「生きているだけで迷惑」だと私を殴ったり罵ったような人のために、自分の人生の中でようやく発見できた幸せな時間を裂いてまで祈れるほど「お人よし」ではありません

「40近くなってなんて手遅れ」なんていう差別発言、私はサイト・グリーをやっているのでジャガー横田さんに頼んでに来て欲しいと思ったほどですが、絶対に屈服しません

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングバナー(記事用・緑)

ご協力いただけると幸いです


お茶石けん特集
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekogataningen.blog73.fc2.com/tb.php/1434-0b1c40cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック